日々のあれこれ

【海山ビキナーズ】 川のいきもの探し

海山ビギナーズ 2020.06.01

子どもたちの成長や心と体の健康にとって、外で思いっきり遊ぶ事は大切だと考え
今年度の海山ビキナーズの開催を決断しました。
そして、初回は5人の1年生が参加してくれました!

初めて会う仲間たちに先ずは、自己紹介をしました。
自分の名前、呼んでほしい名前を言いました。驚いたのが、全員が自分の名前を皆の前ではっきりと言えていました!
大人でも初めて会う人の前で自己紹介をするのは緊張するものですが
微塵も感じさせない自己紹介っぷりはとても印象的でした。

中には自分の網とバケツを持って来ている子の姿も!
川のいきもの探しに対するやる気がひしひしと伝わってきます。
早速川沿いを歩きいきもの探しスタート!
「ここにはいないな~」
「知ってる!?ザリガニは石の下にいるから石がある所にいるんだよ!」
「アメンボならいたよ~」っと
早くも皆で連携してお目当てのザリガニを見つけました!

ザリガニを見つけるとすぐに地面に置いて観察したり「大きいやつ捕まえたよ」と見せてくれたりしました。

「見てみて!!お面できた~」
葉っぱに穴をあけてお面を作って遊ぶ子も。
自然の中での遊びは無限の広がりがあります!

ベンチに座り一休み!!
靴を履き替える前に川に入ってしまったので靴下を乾かすそうです。


少し移動した場所にもザリガニの赤ちゃんが沢山いて捕まえられるだけ捕まえている様子でした。

お腹も空いてきたので木の陰に座りご飯食べました!

食べ終わると、さっきより元気になり戦いごっごやジャンケン遊びを楽しみました。
遊びもひと段落し、「バッタ捕まえたい!!」「カナヘビ捕まえる!」っという事で、急遽探しに行く事にしました。

お花が沢山咲いていたので髪飾りを作る子もいました。

草の上で寝っ転がってみたり、氷オニをして遊びました。

予定ではもっと自然が豊かな川に行くはずでしたが、コロナウイルスに感染するリスクを最小限にするために内容を変更して活動を行いました。
我々としても従来の活動に戻したいのですが、こればかりは「何月何日から大丈夫です!」と言うものではないので様子を見ながら慎重に判断をしていきたいと思います。

ほっしー、かっちゃん