プログラム概要
週末の放課後

海山eco 体験型ecoプログラム

【環境を知る・学ぶ】
小学2年生以上対象:
鶴見川でリバークリーン、西湘・湘南エリアの海岸でビーチクリーン

環境から学ぶ
体験型ecoプログラム

  • 対象 : 小学2年以上
  • 実施 : 週末(土)
  • プログラム : 全6回
  • 参加費 : 年間申込:18,000円
    1回ごとの申込:7,000円
  • 活動内容 : 川と海岸のクリーンアップをしながら、環境問題について学びます。
    川・海遊びを楽しみます。
  • 場所 : 神奈川県内各所

  • 定員になり次第、受付終了となります。
  • プログラム内容は、天候等を理由に内容が変更となる場合がありますのでご了承ください。

海山ecoとは?

神奈川の河川でリバークリーン、西湘・湘南エリアの海岸でビーチクリーンをしながら、環境問題について考えていきます。遊びながら学ぶ体験型の環境プログラムです。ゴミとは何か?その定義を確認し共通認識を持ちます。拾ったものの内容物を観察し、どうしてそこにあるか、どうやったらゴミを減らせるか、ディスカッションをゼロウェイストの5Rの考えに沿って行います。

 

集合・解散は横浜市営地下鉄センター北駅です。

活動内容はこちらのブログからご覧いただけます。

活動場所はこちらのMAPをご覧ください。

お申込み方法

西湘/湘南マップ_20210323

実施スケジュール

  日付 プログラム 場所
1 5/15 (土) リバークリーンと川遊び 鶴見川
2 6/5 (土) リバークリーンと川遊び 鶴見川
3 9/4 (土) ビーチクリーンと海遊び 茅ヶ崎
4 10/2 (土) ビーチクリーンと海遊び 大磯
5 11/13 (土) ビーチクリーンと海遊び 国府津
6 12/4 (土) ビーチクリーンと海遊び 逗子

鶴見川

横浜市の中を流れる鶴見川。川は最終的に海につながっています。川のクリーンアップをしながら、私たちの生活とごみの関係について考えていきます。

鶴見川

横浜市の中を流れる鶴見川。川は最終的に海につながっています。川のクリーンアップをしながら、私たちの生活とごみの関係について考えていきます。

茅ヶ崎

近年、河川から流れてくる土砂が減少したことや、海岸にできた構造物により砂の移動が妨げられたことで、茅ケ崎の砂浜の侵食が深刻化しています。人が多く集まる海岸では、海ゴミはどのようなものがあるでしょうか。

大磯

大磯は、海水浴場発祥の地と言われ例ます。漁港の近くにあり、現在も海水浴場としても親しまれています。人が多く集まり、建物も多い海岸は、他の場所とは違った影響があるかもしれません!

国府津

神奈川県営水道の水源は、相模川と酒匂川です。2番目に大きい水源である酒匂川は、国府津あたりの海に流れ着いています。酒匂川近くの海岸では何に出会えるでしょう?

逗子

全6回の開催場所の中で、1番小さな湾です。湾の大きさは、海ゴミのたまりやすさに関係があるのでしょうか?近くを流れる田越川の影響も何かあるかもしれません。


スタッフ

海山eco:

星野 陽介(ほっしー)

星野 陽介(ほっしー)

東京環境工科専門学校・自然環境保全学科を卒業後、沖縄にてカヤック、スノーケルのガイドインストラクターとして働く。現在は、もあなキッズ自然楽校にて小・中学生を対象とした、日帰りの自然活動体験プログラムや、夏・冬にはキャンププログラムを担当している。ほっしーインタビュー記事はこちら

伊藤 克樹(かっちゃん)

伊藤 克樹(かっちゃん)

出身地の岐阜県では自然の中で遊び育つ。大人になって子どもたちが外遊びをしなくなっていることに問題意識を持ち、岐阜の子育て支援の活動に携わった後、もあなキッズ自然楽校へ。
保育士資格保有。現在も休日には岐阜にて、青年団や子育て支援の団体等と一緒に、自然活動や地域のイベントのお手伝いをしている。

矢野 哲也(てっちん)

矢野 哲也(てっちん)

金太郎のふるさと、南足柄の自然の中で子ども時代を過ごす。学生時代に自らの活動として子どもの遊びに関わる中、自然の中での子どもの成長の速さに驚き、遊びと自然の関わりが子ども時代に大切と感じ、もあなキッズ自然楽校へ入職。保育士・幼稚園教諭資格保有。日本キャンプ協会キャンプインストラクター。

大塚 龍暉(ライトマン)

大塚 龍暉(ライトマン)

大学在学中より、ボランティアやインターン生として、もあなキッズアースビレッジの活動に関わる。
自然の中で子どもと関わる事が楽しく、子どもと同じ目線で遊び、共に成長ができるもあなキッズ自然楽校の環境に魅力を感じ、入職する。中学校教諭・高等学校教諭(保健体育)免許保有。自然体験活動指導者(NEALリーダー)。