日々のあれこれ

【海山キッズ】アウトリガーカヌー体験

海山キッズ 2020.09.28

9月の海山キッズは従来の活動内容に近い形で開催しました!
朝早く集合。見送りに来て頂いた保護者の方に挨拶をし海を目指して出発!

海まで約2時間。
朝早いのもありますが、移動疲れで電車内では寝る子もいました。
が、海に近づくにつれ徐々にテンションが上がっていく子どもたち。
引率の大人たちも同じです。
海に着いたら海に入る準備!
気持ちが舞い上がり過ぎるとケガに繋がるので、一度皆で心を静めてから海にGO!

グループ分けをしてから、最初に船に乗るチームは漕ぎ方を習います。

説明が終わったら早速船に乗り出発!
目指すは烏帽子岩。

沖に見えていた島に上陸。
それだけでワクワク冒険気分!

島に何か生き物がいないかチェック!

烏帽子岩で遊んだら、また岸まで漕いで戻ります。
この日は岸から海に向かって風が吹いていました。
そうです。
帰る時が向かい風!
頑張らないと相模湾をぬけて太平洋に流されます!

全員がカヌー体験を終えお昼ご飯。
多少雨が降っていましたが、海山キッズとしては問題ない降水量。
子どもたちも気にせず食事。
たくましいです。



全体的に昼食を食べ終わる頃、遠くから野太い歓声が。
近づいてみると・・・

「おー!」
「やったー!」
その辺に落ちていた釣りのゴミを集め工夫して魚を捕まえました。

そして、釣れた魚の写真を撮る前にほっしーが指と石で絞めて雑に三枚におろす。
興味津々の子どもたち。

その声にひかれて早々に昼食を済ませ集まる子どもたち。
そして、突発的に釣りブームが起こりました。

魚を狙う子もいれば、カニを狙う子も。

そして、さばけた魚は食べたい人が分けて味見しました。

一方ビーチでは、砂に入ると温かい事に気が付く女子

「砂と友達になった~」
感性に癒されます。
そして、広がるその感覚。

貪欲に暖かさを求めます。

遊びの具合と子どもたちの体温、体力等総合的に判断して少しだけ早めに帰りの支度をしました。
多少雨が降る中、屋根がない環境で子どもたちなりに工夫して着替えを行っていました。
久しぶりの海山と言う事もあってか、みんな遊びきった様子で電車の中はお休みモード。
大きなケガもなく全員もあなキッズ自然楽校に戻ってきました。

戻ってきてからは、当日の思い出をみんなで共有しました。
おもしろかった遊び、体の温め方、見つけた宝物等、聞いて聞いて!がとまりませんでした。

海山キッズの活動の半分手前で何とか従来の活動に近い事ができ、達成感に浸る事ができました。
やはり、海はいい!
改めて海山キッズ継続の重要性を体と心で認識しました。

ほっしー