日々のあれこれ

【冬の冒険キャンプ】2021 in 乗鞍 ~雪遊び編~

冒険キャンプ 2022.01.04

2021年の冬キャンプも乗鞍で行いました。

新型コロナウイルスが今もなお続いておりますが、参加した子ども達は乗鞍の地でたくさんの貴重な体験をすることができました。

 

今回も内容が盛りだくさん!

1日ごとの内容だと量が膨大なので、体験した活動ごとにアップしていきます。

 

今回は1日目の午後の活動『雪あそび』を紹介します。

 

出発の朝の集合は早く、バスでの移動も長い初日。

しかも到着したらすぐに雪遊び。

「みんな疲れているかなぁ~」とも思いましたがそんな心配は必要なかったようで、雪遊びの準備を一瞬で終わらせる子ども達。

 

ワクワク感が溢れているみんなと共に雪の中に向かっていきます。

 

遊ぶフィールドに着いたら、ひとまず雪を堪能します。

今回は良質なパウダースノーで、雪遊びも楽しみです。

 

そんな中、どこからともなく飛んでくる雪玉。

開始の合図もなく雪合戦が始まります。

敵・味方があるのか無いのかすらも分からぬまま、雪合戦が進んでいきます。

 

時には味方だと思っていた子が近くから奇襲をかけてくることも!

それもこの雪合戦の醍醐味かもしれません。

 

今回は雪遊び用に持参した道具があります。

それは、自作の木製スノーボードです。

「雪の上で滑って遊んだら楽しいかな!」と話しながら作ったスノーボードでしたが、遊び始めたら盾になっていました。

 

雪合戦の途中は相手を追いかけて確実に当てる作戦をとることがあります。

ある子は追いつかれないように逃げていましたが、捕まらないようにと考えて逃げた先は犬用の檻の中でした。

 

追いかけられず一安心と思いきや、檻なので雪玉は入ってきます。

雪玉が次から次へと飛んできますが、周りが囲まれているのでそこに逃げ場はありません。

こればかりは作戦ミスだったかもしれないですね。

 

遊びが一段落したら、場所を移動します。

雪の量、地形等でできる遊びが大幅に変わるので、移動した先のフィールドがどのようになっているか、そこで何ができるかは着いてからのお楽しみです。

次の遊び場所に到着しました。

そこは雪が深く、坂もあるので、子ども達は新しい遊びをたくさん思いつきます。

 

まずは毎年恒例のお尻すべり。

肥料袋をソリにして滑っていくのですが、雪のコンディションがいいので、スピードも出ます。

▼転倒するときもダイナミックです!

 

また、ようやくここで持参したスノーボードが本領発揮します。

袋よりも早く滑ることができるので、スノーボードは行列ができるくらい大人気です!

 

初日の雪遊びですが、たくさん雪に触れて、神奈川では体験できないような雪遊びをたくさんすることができました。

今回、初めのオリエンテーションで『みんな仲間だから、楽しく仲良くできる4日間にしよう』という話をしました。

この翌日もたくさんの活動を行い、みんなの関わりも深まってきました。

 

2日目以降の活動の様子は次回のブログで紹介します!

 

ライトマン

 

学生インターン募集のご案内

もあなキッズアースビレッジでは、小学生対象をとした学童保育、神奈川県内各地での自然体験活動を一緒にサポートしてくださる学生インターンを募集しています。
海や山などの大自然のなかの学校外教室で、のびのびと遊ぶ小学生たちと一緒に活動してみませんか?
インターンシップの募集案内詳細はこちらをご確認ください。

https://moanaearthvillage.com/news/internship/

【お問い合わせ】

放課後児童クラブ「もあなのいえ」
住所:横浜市都筑区中川中央1-39-11
横浜市営地下鉄センター北駅より徒歩5分
電話:045-482-3966
メール:moanahouse@moanakids.org