日々のあれこれ

ほっしーコラム ~マイクロプラスチック~

スタッフより 2020.05.22

こんにちは!

ほっしーコラムでは、アースビレッジのスタッフであるほっしーが地球で起きた事、起こっている事、起きるかもしれない事や、気になっていた事、気になっている事、気になるかもしれない事等を個人的な意見を混ぜながら話します。
何かコラムにしてほしい事があれば、お問い合わせからリクエストしてください。

っで!

今回は、マイクロプラスチック

数ある環境問題の1つのキーワードとして“マイクロプラスチック”があります。
今回は、そのマイクロプラスチックについてです。マイクロプラスチックとは5mm以下のプラスチックのかけらです。

かけらになる前は、ペットボトル、洗濯バサミ、車の部品等のプラスチック製品でした。
名前を聞いたことがあるかと思いますが、実物を見たことはありますか?
マイクロプラスチックは海にあるイメージですが、街中、川、森、山、
いきもののお腹の中に至るまでどこにでも存在します。
もしかしたら、私たちのお腹の中にもあるかもしれません。

福岡工業大学環境科学研究所の研究でマイクロプラスチック大気中にある事が分かりました!

まだ、どこから来たのかは研究中ですが、いずれにしても私たちが吸っている空気には間違いなく目に見えないプラスチックがあるという事です。世界からプラスチックをなくす事は不可能ですし、そこまで過度な事は求めていません。
ただ、自身の体の中に“異物”を入れたいとは思いません。
プラスチックを体内に入った時の影響はまだはっきりとした研究結果はわかっていません。
なぜならプラスチックを全く体内に入っていない人を見つける事が困難だからです。
もし、プラスチックが体内に入ってしまっても体に良いとは思いません。
良くて無毒無害だとほぼ全人類が感覚的に思っている事だと思います。
先日、海山ecoの活動で河川清掃を行いました。
想像していたより、きれいで地域の方がきちんと清掃されていると感じました。
しかし、プラスチックゴミがゼロな事はありません。太陽光に当たり劣化し粉塵化したものを海岸でよく見かけます。
その粉が大気中に漂うのでしょう。
世間ではアフターコロナと言う言葉をよく耳にしますが、自分はウィズコロナと言わなくてはいけないと考えています。
それはプラスチックにも同等の事が言えるかと思います。
完全になくす事は不可能ですので、共存する事を前提に最善策を考え、行動する事が必要だと考えます。